脱毛サロンランキング!安いお店口コミは?【私のおすすめ体験談】

脱毛できない肌って?予約当日脱毛できない条件【対策法は?】

当日に施術を断られる?

脱毛サロンでは、予約当日に施術を断るケースがあると聞きました。それは、どんな場合脱毛できないんですか?

匿名女性の方

いくつかのケースが考えられます

脱毛に使われる脱毛マシンから出る光は、ほんの一瞬、肌に照射されるだけですが、毛乳頭という細胞を弱らせるぐらいですから、肌にもかなりのダメージが与えられます。

また、肌だけでなく、からだの内部にも影響は及ぶので、施術当日に脱毛できないと言われることはよくあります。

【自己処理が不十分な場合】
脱毛サロンで行われる光脱毛は、光が肌のメラニン色素に反応する性質を利用しています。

そのため、ムダ毛が伸びている状態だと、光がムダ毛に吸収されてしまって、毛乳頭までダメージが伝わらなくなってしまいます。

自己処理をしてもムダ毛が残っていた場合は、その部分を除いて脱毛の施術が行われます。

【日焼けや肌トラブルがある場合】
日焼けをしている場合も、ムダ毛が伸びている場合と同じく、肌に作られたメラニン色素に光が反応してしまいます。

この状態だと、脱毛効果が薄くなるだけでなく、肌にも悪影響を及ぼして、シミや炎症などの原因となってしまうので、脱毛できない肌とみなされてしまいます。

また、湿疹やにきび、切り傷ができているような肌も、同じく光の影響で症状を悪化させてしまう恐れがあるため、施術が断られる場合があります。

【妊娠している場合】
脱毛の施術は2、3カ月おきに行われるので、すべての施術が終わるまでは1年以上かかる場合がほとんどです。

そのため、脱毛を申し込んだ時は妊娠していなくても、後で妊娠してしまう方も多くいると思います。

でも、妊娠すると身体のホルモンバランスが変わってしまうため、通常の脱毛だと効果が出ない場合が多く、逆に、毛深くなってしまう方もいるそうです。

さらには、脱毛マシンの光は、ホルモンバランスを崩してしまうこともあるんだそうです。

おなかの赤ちゃんにも影響が出る可能性があるため、妊娠したら脱毛をいったん中断するのが一般的です。ほとんどの脱毛サロンが、脱毛できない条件として「妊娠」を含んでいると思います。

【薬を飲んでいる場合】
薬を飲んでいる場合は、薬の成分がからだの中に残っている状態になります。

成分によっては、脱毛マシンの光に反応して化学変化を起こしてしまう可能性があるため、主治医に相談したほうがいいようです。

同じく、数日前に予防接種などの注射をした場合にも、医師と相談して施術をするか決めたほうがいいと思います。

もちろん、脱毛サロンのスタッフにも伝えなくてはなりませんが、医学的な判断なので、脱毛できない条件かどうかはお医者さんに判断してもらったほうがいいですよ。

脱毛夫人ゆでたま子
HOME > 脱毛サロンQ&A【施術編】 > 脱毛できない肌って?予約当日脱毛できない条件【対策法は?】

第一位は?
銀座カラーイメージ画像
【私が体験して一番良かったお店はここ!】

実際に私自身が脱毛サロン7店舗を体験して一番良いと感じたのが『銀座カラー』でした。一番大事な基本の脱毛の技術・アフターケアがしっかりしているのが◎!お店では待たされる不満も無くスピーディに脱毛施術が完了!スタッフさんの対応も良かったし、もちろん勧誘もなし!サービスやアメニティが充実していて、追加料金もかからないから安心して通えました♪

おすすめポイント

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)