脱毛サロンランキング!安いお店口コミは?【私のおすすめ体験談】

埋没毛の治し方は?自宅でケアできる?【原因と対処法とは】

埋没毛があちこちに!

自分でムダ毛の自己処理をしているうちに、ワキや足のあちこちに、ムダ毛が皮膚の中に埋もれている部分があることに気がつきました。皮膚の表面には出てこないで、肌の中で伸びている感じです。どうしてこんな状態になってしまったのでしょうか?

匿名希望の方

自己処理で毛抜きを使っていませんか?

質問者様は、自己処理に毛抜きを使っていませんか?毛抜きで脱毛するときは、とても慎重に行わないとならないんです。

ムダ毛は肌にしっかりとくっついていますから、強い力で引っ張ると、肌にも強い刺激が伝わってしまって、さまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。

毛抜きで抜いた後にブツブツと「鳥肌」になってしまうのがこの典型で、この状態から赤くなってしまったり、雑菌が入り込んで化膿してしまうこともあります。

また、見た目には分かりにくい部分もありますが、ムダ毛には生えている方向があります。

この毛が生えている方向と逆に引っ張っていると、毛球部の形がくずれてしまって、次に生えてくる毛が毛穴とは違う方向に生えてきてしまいます。

こうなると、ムダ毛は行き場を失ってしまい、肌の下の部分で伸びでしまい、皮膚の外に出てこれなくなってしまいます。

見た目も醜くなり、長くなった毛がうずまき状になったりして、こうなると毛抜きでは抜けなくなってしまいます。

これがいわゆる「うもれ毛」と呼ばれるものです。

うもれ毛の状態になってしまう原因には、もうひとつあります。

それは、外部からの刺激で、特に、カミソリで強くこすったりしているうちに、角質が分厚くなっていき、その下に新しく生えてきたムダ毛が埋もれてしまう、ということが起こります。

肌には外部から強い刺激を受けると、からだを守ろうとして角質を多く作り出す習性がありますので、こうしたことも考えて、自己処理は丁寧におこなわなくてはなりません。

お医者さんの話だと、うもれ毛はカミソリなどでは剃れないので、熱してバイ菌のない状態にした針などで、皮膚の表面を慎重に刺してゆき、うもれた毛を肌の外に取り出すとよいそうです。

でも、針はきれいでも、肌に刺すときにバイ菌が侵入して化膿する可能性もあるので、病院で処置してもらったほうがいいですよ。

こうしたうもれ毛にならないためにも、面倒で気を遣う自己処理から開放される、脱毛サロンでの施術を受けたほうがいいと思いますよ!脱毛サロンでの脱毛は、ムダ毛をなくしてキレイな肌にするだけでなく、肌トラブルを防ぐことにもつながるんです!

脱毛夫人ゆでたま子
HOME > 脱毛サロンQ&A【基本編】 > 埋没毛の治し方は?自宅でケアできる?【原因と対処法とは】

第一位は?
銀座カラーイメージ画像
【私が体験して一番良かったお店はここ!】

実際に私自身が脱毛サロン7店舗を体験して一番良いと感じたのが『銀座カラー』でした。一番大事な基本の脱毛の技術・アフターケアがしっかりしているのが◎!お店では待たされる不満も無くスピーディに脱毛施術が完了!スタッフさんの対応も良かったし、もちろん勧誘もなし!サービスやアメニティが充実していて、追加料金もかからないから安心して通えました♪

おすすめポイント

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)